「やおい小説家なんかじゃないもん。」
 ちょっとおかしなやおい小説です。腐って来てるけど……(笑)。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/27(月)   CATEGORY: 第一章
その三。
 このオカマ……、いや、ニューハーフか、上村のやつにホントにそっくりだ。昨日のクライアントを誘ってまたこの店に来てしまったが、見れば見るほどあいつそのものなんだ。オレにとっては、ちと辛いが。

 「平塚さんにもこの趣味があったなんて、僕、驚きですよ。」

 仕事でなければ一緒に飲みたくもないタイプの、じとじとした男だったが、経費で落とすんだったら一人じゃ困る。

 「鈴木さん、この世界、お詳しそうですね。オレは昨日が初めてで、ちっとショックだったと言うか、綺麗なニューハーフもいるんですね、ってのが本音です。お化け屋敷か、って覚悟していたんだが。」

 店の中は込み合っていて、全部のボックスに「女の子」がついているわけではない。オレ達のところも、さっきママ(パパ?)らしき人が挨拶に来たきりだ。

 他のニューハーフたちは、お化けまでとは言わないが、やっぱり原型は男ってはっきりわかる。おまけに、場末の商売女をもっと下卑たようにした感じだ。こいつら、やっぱりオカマだ。オカマ言葉、しゃべってるしな。隣のボックスで大口開けて笑ってるやつを見ると、化粧に油がべっとり浮いている。オレは慌てて目を伏せて、失礼にならないようにそっと視線を逸らした。疲れるぜ。

 鈴木は何か、自分はどこそこの店に行った、上野のニューハーフ・ヘルスの何々ちゃんは絶品だとか、聞きもしないのにベラベラしゃべっている。こいつは、きれいだったら男も抱くのか。オレは適当に頷きながら、あの上村似の子を横目で追っていた。

 上村と初めて会ったのは、オレが今の会社にスカウトされた5年前のことだった。なかなか頭のいいやつだったし、機転も利いた。打てば響くって感じで、オレとは馬が合う。それに、オレ好みの細身でボーイッシュ、はっきりした顔立ちだったから、速攻で粉をかけた。何度か「今夜はいける」と思ったこともあったが、軽く身をかわされ続けて、まだ手も握っていない。今じゃ、そういうこと抜きの楽しい飲み友達だが、オレはあきらめたわけじゃあない。

 もちろん、あいつが相手してくれないからと言って、そっくりなオカマを口説くつもりなんか、ない。女相手だって、ケツに入れるなんて考えたこともない。が、今、カウンターの中で客の話に相づちを打っているあの子は……。オレは、不覚にも萌してきたのを感じて、椅子に深く座り直した。

 その時、あの子がふと目を上げた。オレの目とあの子の視線が絡み合う。眼をそらそうとしたが、ダメだった。畜生、高校生の童貞坊やじゃあるまいし、女に見とれるなんて(って、男なんだが)、オレは……。

 その時、上村似の子はオレにニコッと笑いかけると、隣にいたハゲのバーテンダーに何か耳打ちした。そして、目をオレに向けたまま、カウンターの端を廻ってこっちに歩いてくる。オレは、自分が口をポカンと開けて、ひどい馬鹿面を晒しているのに気づいたが、どうしようもなかった。

 この子が、オレの隣に座った。そして言った。

 「あれ、昨日もいらっしゃってましたよね。はじめまして、あゆみ、と申します。」

 ……どうせ源氏名なんだろうが、名前まで上村と同じとはな。ちっと出来過ぎだぜ、こいつは……。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 「やおい小説家なんかじゃないもん。」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。