「やおい小説家なんかじゃないもん。」
 ちょっとおかしなやおい小説です。腐って来てるけど……(笑)。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/06(木)   CATEGORY: 第一章
その四。
 その「あゆみ」と名乗ったオカマ……、いや、ニューハーフさんは、オレと鈴木の間に座った。他のオカマとは違って、大仰にシナを作るでもなく、歯をむき出して愛想笑いをするわけでもなく、黙って微笑みながらオレ達の水割りを作り足し終わると、背を伸ばし、きちんと揃えた両脚の膝に両手を添えて、悪戯っぽい表情でオレと鈴木を交互に見た。

 「ども……」と言おうとしたが、喉がからからで音にならなかった。慌てて水割りを(まあ、オレにとっては水のようなもんだが)を呷ってちょっと咽せた。乾いた喉にアルコールが沁みたんだ。

 鈴木は、オレがもたついている間に、下品ににやつきながらあゆみに話しかけていた。「あゆみちゃん、ホントに女みたいだねぇ!」「わかった! サクラの女の子なんでしょっ?! こんなきれいなニューハーフ、いるはずないじゃん!」……。お絞りで口元を拭いながらあゆみの様子を横目で見ると、鈴木の奴に微笑みかけていたが、何も答えなかった。あの阿呆は、いつもの水商売のオカマとは調子が違うとやっと気づいたんだろう、ばつが悪そうに目を泳がせると、水割りのグラスを取り上げた。

 あゆみがオレを見た。

 オレは、あゆみの腰つきや胸のふくらみをしげしげと観察した後、面高で品のある横顔に見とれてしまっていたから、オレとあゆみの視線が真正面からぶつかり合うことになった。そして、数秒の間、しっかりと絡み合った。

 オレは、目玉の表面が乾いて行くのがわかるくらい、瞬きもできずにあゆみを見ていた---どうしても目が離せなかったんだ。あゆみは、そんなオレを不思議そうに見ていたが、やがて目を斜めにそらすとうつむいて、困ったように微笑んだ。

 「あ、いや……、ごめんごめん。こういう場所は、あんまり馴染みがなくてね。失礼した。お詫びに、一杯どうかな?」

 オレは照れ隠しに、大きく手を挙げて男の(って、この店内には男しかいないが)フロア担当に合図した。

 しばらくの間、三人でとりとめのない話をした。女が話題に困った時にはゴミ捨て場の話をするようだが、男は大抵、仕事の話だ。鈴木はふんぞり返りながら奴の会社の社名を明かしたが、あゆみから返ってきたのは「すごいわねぇ!」という追従ではなくて、ウンウンという軽いうなずきだけだった。明らかに拍子抜けした奴は、オレを指さして、「いやー、この平塚さんはさあ、あの*通の伝説なんだよ? なんせ、**堂から引き抜かれてさ。ほら、僕の会社の新車のCM、この人が作ったんだから。」と、オレに話を振りやがった。

 あゆみは、その細い首を廻してオレを見た。オレは、目のやり場が無かったし、また喉がからからでひっついていたから、うつむき加減にだらしなく視線を彷徨わせていることしかできなかったんだ。

 その時、カウンターから、「あゆみさーん、7番テーブルでお呼びでーす」という声がして、あゆみの「はーい。」という返事が聞こえた。顔を上げると、あゆみがオレを見て、面はゆそうに微笑んでいた。そして、「あ、わたし、まだお名刺差し上げてませんでしたよね。今取ってきますから……」と言い残して消えた。

 鈴木はそのでかい安物のカバンから財布を取り出している。今時財布に名刺かよ。オレは、ブレザーのポケットから革製の名刺入れを抜き出した。あゆみが戻ってきた。名刺を交換した。あゆみがお辞儀して、他のテーブルに向かった。

 「出ましょう、鈴木さん。」

 支払を済ませ、タクシーが来るまでの間、鈴木は小声でねちねちと「あのオカマ、絶対接客業に向いてませんよ。」、「どうせ整形に違いないのに、お高くとまりやがって……」とかなんとか愚痴っている。オレは、ようやく来たタクシーに奴を放り込むと、運転手にタクシー券を切った。

 「すみません、今夜はちょっと別件がもう一つあって」と鈴木に告げ、タクシーが消えるのを見送ってからあゆみの名刺を取り出した。

 裏に、手書きで携帯の番号、時間が書いてあった。オレはそれまで時間をつぶそうと、チェーン店のコーヒー屋を探しながら六本木通りを下っていった。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 「やおい小説家なんかじゃないもん。」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。